即日キャッシングすぐ現在の時間

キャッシングの利用者は主婦が多いという事実

キャッシングの利用者層と言うと、一人暮らしのサラリーマンが、給料日前にお金が足りなくなって借りに行くと言うイメージが強いのですが、実はキャッシングの利用者で多いのは主婦だという事実が有ります。
どうして、主婦がキャッシングを利用するケースが多いのでしょうか。それには理由が有ります。主婦は、お金が足りないことを中々旦那さんやご主人に相談できない、しにくいという人が多いのです。つい、主人に言えなくてお金を借りて何とか、と思っていたら、いつのまにか膨れ上がっていて離婚の原因になってしまう、ということも珍しく有りません。
主婦もお金は借りられると言うのはちょっとびっくりでしたが、実は、これはご近所トラブルの回避にも有ります。
どうにも借りグセが辞められない主婦の方と言うのがいて、近所の方との貸し借りでトラぶってしまうという方もいらっしゃいます。
そこで、救済策として企業に借りるという方法を立てているのです。でも、これ、ご近所に借りるのも気が引けるけれど、キャッシングはもっと気が引けると思います。

筑波銀行カードローンのポケットカードローンでお金を借りる

筑波銀行の「ポケットカードローン」は融資可能金額最大200万円までのカードローンで、金利は固定金利14.6%となっています。
ただし、100万円以上の融資については年齢が65歳以下、主婦や学生・年金受給者は利用いただけないという制限がつきます。
それ以外の利用条件としては、筑波銀行の営業エリアで暮らしている・働いている20歳から72歳以下の方となっています。

 

返済については、毎月3日に一定の金額が引き落とされる方式となっています。
借入残高が50万円を下回っている方は1万円、50万円から100万円までの方は2万円、それ以上の方は3万円ずつ返済していくことになりますよ。

 

融資可能金額がそれほど大きいわけではなく、使用目的について問われることもありませんので、「ポケットカードローン」はキャッシング感覚でご利用いただけます。
クレジットカードなどの返済日にお金の用意が間に合わない時、買い物や旅行などで少し多めのお金が必要になった時などにご利用ください。

 

地方銀行で提供しているカードローンにもいろいろありますが、キャッシング前の借り入れ先選びは是非慎重に検討を行ってください。
「スピード審査」などで借りやすさをPRしているものもありますが、金利や返済条件などを考えるともっと有利な条件で借りられるローンがあるかもしれません。
お住まいの近くではいくつかの地方銀行が営業していると思いますので、思い浮かぶ金融機関のホームページなどで情報を集めてみてはいかがでしょう。

債務整理と住宅ローン

住宅ローンが残った状態で債務整理をしなければならなくなったとしたら、
購入した住宅はどうなるのでしょうか?またローンはどうなるのでしょうか?

 

 

 

住宅以外にも車のローンなど資産とみなされる物件についての
ローンを債務整理でどのように扱うかを紹介していきます。

 

 

 

まず、債務整理をしなければならなくなったが住宅や車は残したい!
そんなケースについて考えてみましょう。

 

 

 

手持ちの財産を処分したくないという場合、債務整理では
自己破産以外の選択を行うことになります。

 

 

 

自己破産以外となると、任意整理、特定調停、個人再生になりますが
自己破産とそれ以外で決定的な違いがあります。
それは債務整理によって負担すべき債務額が減額されるとは言うものの、
整理後も一定期間において返済を継続しなければならないということです。
ですから、収入が全く無いまたは収入があっても返済していけない金額となれば、
選択肢は自己破産ということになってしまいます。

 

 

 

自己破産をすれば借金もチャラになりますが、資産も全て失うことになります。
住宅や車を守りたいという場合、自己破産は出来ませんが
上記の例のように選択肢はあなたの債務と収入状況によって変わってくるのです。

 

 

 

それでは、自己破産をしなくてもよい状態であるとします。
その場合、確実に住宅や車などの財産を守ることができるのでしょうか?
100%財産を守りきるということは保障できません。

 

 

 

では、その理由を解説していきますね。

 

 

 

任意整理や特定調停の場合、一般的に住宅ローンを対象とすることはありません。
収入があり住宅ローンを払う能力がある場合は、住宅を残すことが出来ます。
車については、すでに完済している場合は問題ありませんが
ローンが残った状態でその債務も整理の対象とするのであれば、
車は手放すことになってしまいます。

 

 

 

個人再生では「住宅資金特別条項」という制度があります。
この制度を利用することで住宅を失わずに守ることができます。
ただし、この制度には一定の条件があります。
それは住宅そのものを住宅ローン以外の借入時に担保にしていないということなどです。
つまり住宅ローンが汚れていないことが条件なのです。
そして車に関してですが、ローンが残っている場合は
残念ながら手放すことになると考えるのが一般的な個人再生となります。

 

 

 

このように、住宅ローンや車ローンなどを抱えた状態で
それを失いたくない!という場合はそれに応じた債務整理を行う必要があります。
しかしながら、全てが上手くいくわけではありません。
債務を整理するということは、それなりの代償を払う必要もあるのです。

お通夜に参列することが出来ました

知り合いに不幸事があり、お香典を用意してお通夜に行かなくてはならなくなりました。会場はとても遠くて、交通費もかなりかかりそうです。その時の私には持ち合わせの現金がなく、どこかで借入れするしかなかったんです。
コマーシャルでもやっているプロミスなら信頼出来るかなと思い、さっそく電話で申し込み。数時間で審査も終わり、振り込みまでの時間もあっという間でした。おかげでお通夜にも無事参列する事が出来たので良かったです。
主婦おまとめローン【多重債務の主婦を救え】